ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

給水及び排水の管理7

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度 法令集

給水及び排水の管理⑦

給水及び排水の管理① 給水及び排水の管理② 給水及び排水の管理③ 給水及び排水の管理④ 給水及び排水の管理⑤ 給水及び排水の管理⑥ 給水及び排水の管理⑦ 給水及び排水の管理⑧ 給水及び排水の管理⑨ 給水及び排水の管理⑩ 給水及び排水の管理⑪ 給水及び排水の管理⑫ 給水及び排水の管理⑬ 給水及び排水の管理⑭ 給水及び排水の管理⑮ 給水及び排水の管理⑯
排水方式 < 排水配管 < 掃除口を設ける箇所 < 掃除口の大きさ < 掃除口の設置間隔 < 排水ます < 雨水排水 < ルーフドレン < 間接排水 < トラップの種類
例題

排水設備・トラップ

排水方式

排水方式には合流式と分流式に分かれる。

合流式排水方式

汚水と雑排水を同一の系統で排除すること。

分流式排水方式

汚水と雑排水を別々の系統で排除すること。

排水配管

  1. 排水管内は排水の流下によって立て管上部で負圧、下部で正圧になる。排水立管は、上部の方が流量は少ないが、管内の空気の流れを阻害しないように上部,下部とも同じ管径とし、排水立管の頂部は、伸頂通気管として、延長し大気中に開放する。
  2. 二重トラップとなるような配管をしてはならない。
  3. 排水立管に垂直に対して45°を超えるオフセットを設ける場合は、オフセットの上下600mm以内に排水枝管を接続してはならない。
  4. 自然流下式の排水横引き管における流速は0.6~1.5m/sとする。
  5. 寒冷地に埋設する排水管は、凍結深度以下に埋設する。
  6. 排水立て管と排水横主管の接続は、円滑な排水の為に大曲がりベンド等で接続する。
  7. 伸頂通気方式の排水横主管の水平曲りは、排水立て管の底部より3m以内に設けない。
  8. 排水管の勾配
    • 65mm以下ーーーーー最小1/50
    • 75mm~100mmーーーー最小1/100
    • 125mmーーーーーーーー最小1/150
    • 150mm~200ーーーーー最小1/200
  9. 複数の排水立て管を同一の排水横主管に接続する場合は、通気を十分確保する。

上記排水配管についてはしっかり覚える。
特に数字は頭に入れておく。
配管は上部・下部とも同じ管径にする
二重トラップはどんな理由でも絶対にしてはいけない。
排水管の勾配も覚えましょう。(管サイズに比例して勾配も大きくなります。

掃除口を設ける箇所

  1. 延長が長い排水横管の途中
  2. 排水横主管および排水横枝管の起点
  3. 排水管が45°を超える角度で方向を変える個所
  4. 排水立て管の最下部またはその付近
  5. 排水横主管と敷地排水管の接続箇所またはその付近

排水口空間と排水口開放

ここで、排水口空間と排水口開放が混同しないように説明します。

排水口空間と排水口開放

つまり、

掃除口の大きさ

管径が100mm以下の場合は配管と同じ大きさ、100mmを超える場合は100mmより小さくしてはいけない


これ覚えましょう。

掃除口の設置間隔

掃除口の設置間隔は30mを限度とし、管径が100mm以下の場合は15m以内とする。


これまた覚えましょう。

排水ます

汚水用敷地排水管にはインバートますを、雨水用敷地排水管には泥だめますを設ける。

この辺は覚えることがたくさん。これも覚えましょう。
汚水→インバート、雨水→泥だめですので間違えないように。

排水ますの設置場所

雨水排水

  1. 雨水排水系統は、単独排水として屋外へ排出することを原則としている。
  2. 雨水排水管を合流式の敷地排水管に接続する場合は、トラップますを設け、ルーフドレンからの悪臭を防止する。
  3. 雨水横主管を合流式排水横主管に接続する場合は、どの排水立て管の接続点からも3m以上下流で接続する。
  4. 雨水ますの泥だめの深さは、150mm以上とする。
  5. 雨水ますの流入管と流出管の管低差は20mm程度とする。

インバート

泥だめ

問い合わせについて

平成30年2月6日に当サイトへ問い合わせがありましたので回答いたします。

Q:

雨水排水の項目の中にインバートますのことが書かれてあります。
インバートますは汚水系統で使われるますだと思うのですが、なぜこの項目の中に書かれているのですか。

A:

はい!インバートますは汚水で使われます。
何故この項目に書いているかというと
このインバートますと泥だめを良く間違えている方がいます。
ビル管理士試験でもインバートと泥だめの問題が出題されていますので、
一緒の項目の中に記載しております。

例えば平成22年度 問題125

では、このような問題が出題されています。

排水通気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 排水槽の底部こう配面には、点検歩行を容易にするため階段を設ける。
  2. 排水ポンプは、排水槽の周囲の壁面などから200mm以上離して設置する。
  3. 雨水ますには、インバートを設けて円滑に排水させる。
  4. 管径75mmの排水横管のこう配は、1/100以上とする。
  5. 管径100mm以下の排水管の掃除口は、15m以内に設置する。

もちろん不適当なものは、3です。

汚水にはインバート、雨水には泥だめです。

ルーフドレン

ルーフドレンとは陸屋根の屋上やバルコニーなどの雨水を集めて竪樋に流す鋳鉄製やステンレス製の雨水排水金具。

  1. 使用場所によって陸屋根用、バルコニー中継用、ひさし用などがある。形状からドーム型、平型、コーナー型などがある。
  2. 屋根にあるため、木の葉などごみが詰まりやすいので屋根面から突き出たドーム型が好ましい。
  3. ストレーナーの開口面積は接続する雨水管の断面積の倍以上とする。


ストレーナの開口面積は覚えよう。雨水管の断面積の倍以上は必要。(これは重要です)
ストレーナ

これがドーム型、、よくビルなどの屋上に上るとこんなの良く見かけますよね。

間接排水

間接排水とは、汚水などの逆流を防ぎ衛生状態を確保するため、排水系統をいったん大気中で縁を切り、一般の排水系統へ直結している水受け容器などに排水することをいう。

(備考)排水口空間とは、排水系統に直結している器具若しくは水受け容器のあふれ縁、または排水を受ける床面と間接排水管の管端との間の垂直距離をいう。


間接排水としなくてよいもの

トラップ

トラップとは、排水設備の配管の途中に設けられ下水道の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し、屋内へ侵入するのを防ぐもの。

トラップの種類


トラップ


トラップ

上記トラップは暗記しましょう。
特に管トラップはサイホントラップで、ワントラップ等は非サイホントラップであること。二重トラップは絶対してはいけない。
断面積比(流出脚断面積/流入脚断面積)これも間違えないように。
断面積比は流出/流入←これ間違えない。たまに流入/流出と出題されている。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る