ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

建築物の環境衛生2

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度

建築物の環境衛生②

建築物の環境衛生① 建築物の環境衛生② 建築物の環境衛生③ 建築物の環境衛生④ 建築物の環境衛生⑤ 建築物の環境衛生⑥ 建築物の環境衛生⑦ 建築物の環境衛生⑧ 建築物の環境衛生⑨ 建築物の環境衛生⑩ 建築物の環境衛生⑪

産熱 < 放熱 < 快適温度 < 温熱環境指数 < 発汗 < 熱中症 < 熱失神 < 熱けいれん < 熱疲労 < 熱射病 < 日射病


例題

産熱と放熱

産熱と放熱は体内で生み出した熱(産熱)を体外へ熱を放す(放熱)することで体のバランスを整えている。
仮に産熱 > 放熱 の状態だとバランスが崩れ体温が上昇することになる。

産熱

基礎代謝量
区分平均代謝率
安静65W/m2安静、仰臥位(仰向け)
低代謝率100W/m2楽な座位:軽い手作業(書く、タイピング、描く、縫う、簿記)
手および腕の作業(小さいペンチツール、点検、組み立てや軽い材料の仕分け)
腕と脚の作業 (普通の状態での乗り物の運転、足のストレッチやペダルの操作
中程度代謝率165W/m2継続した頭と腕の作業:釘打ち盛土
腕と脚の作業:トラックのオフロード操縦
腕と胴体の作業:空気ハンマの作業、トラクタ組み立て、しっくい塗り
中くらいの重さの材料を継続的に持つ作業:草むしり、草堀り、果物や野菜を摘む
軽量や荷車や手押し車を押したり引いたりする:3.5~5.5km/hの速さで歩く
高代謝率230W/m2強度の腕と導体の作業:材料を運ぶ:シャベルを使う:大ハンマ作業:のこぎりをひく:硬い木にかんなをかけたりのみで彫る
草刈り:掘る:5.5~7km/hの速さで歩く、重い荷物の荷車や手押し車を押したり引いたりする:コンクリートブロックを積む
極高代謝率290W/m2最大速度の速さでとても激しい活動:斧を振るう
激しくシャベルを使ったり掘ったりする:階段を登る:走る、7km/hより速く歩く

まず、上記表については、平成30年度問22に出題された項目なので新しく追加しました。
後は例を参考にどの程度の作業の時にどの程度の代謝率かを見極めましょう。
おそらくビル管理士試験では表に書かれている例以外の出題はないと思います。

放熱

放熱は伝導、対流、、放射、蒸発によって行われる。
気温が35℃以上なると有効な放熱経路は蒸発のみになる。
水分1gが蒸発すると0.585kcalの気化熱が蒸発面から奪われる。
常温安静時の人体からの放熱量は
伝導・対流が30%、放射が45%で蒸発が25%で一番少ない。

快適温度

多くの実験から平均皮膚温と温冷感申告には、皮膚温が低いと寒い、皮膚温が高いと暑いと感じる一次相関が見られることが多い。 平均皮膚温は通常は33℃~34℃程度で、35℃を超えると暑さを感じ、31℃を下回ると寒さによる不快感を感じる。
局所温冷感に関しては、手の皮膚温が20℃以下となると不快な冷たさを感じ、15℃以下では極限の冷たさを感じ、10℃以下まで下がると痛みを感じるとされている。
ちなみに足では手より約3℃高い皮膚温で同じ症状が出る。

ポイント・・・・
  • 平均皮膚温・・・・33℃~34℃
  • 暑さを感じる・・・35℃
  • 寒さを感じる・・・31℃
  • 不快な冷たさ・・・21℃
  • 極限・・・・・・・15℃
  • 痛み・・・・・・・10℃


快適性に影響する因子
環境因子 人間側の因子

性による快適温度

多くの調査により、女性の快適温度は男性よりも1~2℃高いと報告されている。
原因としてはオフィス内では女性は男性より薄着であること。
女性の低い基礎代謝や低い皮膚温等が考えられている。

高齢者の快適温度

高齢者の快適温度の問題も良く出題されます。

高齢者は身体活動量が少なく、また代謝量も少ないため、一般に若年者より暖かい室温を好むとされている。一方、冬期の住宅内の温度測定してみると、 高齢者の室温は若年者と比較して低い場合が多い。
この原因として、高齢者の寒さに対する感受性の低下が考えられ、そして感受性の低下の原因としては、皮膚からの温度情報の減少が一因であると考えられている。

同時に測定した深部体温は、高齢者の方が低くなっている。特に、深部体温が35℃未満を低体温症と呼ぶが、高齢者はこの低体温症に陥りやすい。

上記項目は覚えましょう。

温熱環境指数

代謝量、着衣量、気流、湿度、空気温度、放射温度の6つを人体の熱的快適感に影響する主要な温熱環境要素という。

人間はこれらの温熱環境要素を個々に区別して暑い寒いと感じているわけではなく、それらを複合した結果を感じている。
温度環境指数乾球温度・湿球温度・気流
有効温度乾球温度・湿球温度・気流
不快指数乾球温度・湿球温度
新有効温度乾球温度・湿球温度・黒球温度・気流・作業強度・着衣量
WBGT指数乾球温度・湿球温度・黒球温度

体感温度を示すおもな温熱環境指数

測定器を用いて計測した示度を指標とする指数湿球温度、カタ冷却力、黒球温度
実験・経験に基づく指数有効温度、修正有効温度、不快指数、湿球黒球温度(WBGT)
熱平衡式に基づく指数作用温度、予測平均温冷感申告(PMV)、新有効温度


ということになる。
グローブ温度計によって測定される温度を黒球温度という。

このことは覚えておきましょう。
このことを覚えておけば、Tgは黒球温度となんとなくわかると思う。

Tgのgがglobe(グローブのこと)

発汗

汗をかくことを発汗という。
汗腺には実際に汗を出す能動汗腺と汗を出さない不能汗腺がある。

汗腺には があり、暑い時にかく汗はエクリン線から分泌される。汗をかくことで体温の上昇を防ぐ。

熱中症

人は恒温動物であり、体温は調節機構により通常は37℃付近に維持されるが、何らかの原因により調節不全または調節不能の状態を来し、異常な体温上昇や 循環不全、電解質異常を来すことにより生じる障害を総称して熱中症という。

重症例では生命の危機を伴うことがある。

従って予防が第一である。

発症してしまった場合には迅速・適確な対応が肝要である。

熱中症の種類は下記表に示す通りです。

(軽症)熱失神皮膚血管の拡張により血圧が低下し、脳血流が減少して起こる一過性の意識消失
熱けいれん低Na血症による筋肉のけいれんが起こった状態
(中等症)熱疲労大量の汗により脱水状態となり、全身倦怠感、脱力、めまい、頭痛、吐気、下痢などの症状が出現する状態
(重症)熱射病体温上昇のため中枢神経機能が異常をきたした状態
日射病上記の中で太陽光が原因で起こるもの

熱失神

長時間、頭頚部が直射日光に曝されることにより抹消血管の拡張を生じ、相対的な体循環血液の減少を来して、めまいや失神が起こることがある。
また、、高温多湿時に急に激しい運動を始めたり、逆に激しい運動をしていたのを急に休止したりした場合、めまいや失神を来すことがある。

熱けいれん

熱の放射時の過剰な発汗により身体から水分と塩分(主にナトリウム)が失われる。その際、水分を大量に摂取すると、塩分が薄まり、有痛性の 筋収縮が生じることがある。これを熱けいれんという。

熱疲労

高温高湿の環境下に長時間居ることにより大量の発汗を来し、体内の水分や塩分が不足することに加え、全身的な循環不全にによる重要諸臓器の機能低下 によるものと考えられる。異常なほど汗をかきながらも、皮膚は青白くてじっとりし、強い疲労感や頭痛、めまい、吐き気、強い口の渇きなどの兆候が特徴である。

熱射病

熱射病は、大脳の体温調節中枢が熱によって障害された状態で引き起こされる最も重い温熱障害である。体温が40℃以上であることと脳障害の症状があることが特徴である。
体温調節中枢の機能に障害を来しているため、自力での体温調節ができず、体温が急激に上昇し、危険なレベルまで達する。

熱射病の治療は、全身の冷却が第一であるが冷やし過ぎには十分に注意する。

日射病

熱射病の病態にあって、太陽光が原因で起こったものが日射病とされている。


ここでのポイントはとにかく熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病、日射病の特徴は覚えましょう。
最近出題の頻度が高くなっております。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る