ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

建築物の環境衛生2

例題1

平成30年 問題24

熱中症の記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. 熱失神は、頭頸部が直射日光などにさらされたことにより抹消血管の拡張を生じることによって起こる。
  2. 熱射病では、体温調整中枢の機能に障害を来し、自力での体温調整ができず体温が急激に上昇する。
  3. 熱疲労は、多量の発汗により体内の水分や塩分が不足することに加え、全身的な循環不全による重要諸臓器の機能低下によって起こる。
  4. 熱けいれんは、過剰な発汗により血液中の塩分が濃縮されることによって起こる。
  5. 熱射病の治療は、全身の冷却が第一であるが冷やし過ぎには十分に注意する。


例題2

平成29年 問題25

エネルギ―代謝に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 基礎代謝とは、早朝覚醒後の空腹時仰臥の姿勢におけるエネルギ―代謝のことである。
  2. 日本人の30歳代の男子の平均基礎代謝量は2,650kcal/日、女子の平均基礎代謝量は1,950kcal/日である。
  3. 安静時代謝量は、基礎代謝のおよそ20%増しである。
  4. 熱産生は、摂取した食物の代謝による化学的エネルギ―に由来する。
  5. 睡眠時のエネルギ―消費量は、基礎代謝量より低い。

例題3

平成26年 問題24

快適温度に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. ヒトの温熱的快適性は、環境側要素と人体側の着衣量、代謝量に影響される。
  2. 高齢者は、一般に若年者より低い室温を好むとされている。
  3. 夏の快適温度は、一般に冬に比べ2~3℃高い。
  4. 涼しい環境では、男性より女性が寒さを訴えやすい。
  5. 過去数十年の間のオフィスビルにおける温度設定は大きく変動してきた。

買い物は楽天市場

サブメニュ―

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコ―ド

QRコ―ド

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマ―トフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコ―ドから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマ―トフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座

冷凍機


資料請求

SATの通信講座

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サ―チ

Sponsored link

買い物は楽天市場

ペ―ジのトップへ戻る