ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

ねずみ、昆虫等の防除1

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度 法令集

ねずみ、昆虫等の防除①

ねずみ・昆虫等の防除① ねずみ・昆虫等の防除② ねずみ・昆虫等の防除③ ねずみ・昆虫等の防除④ ねずみ・昆虫等の防除⑤ ねずみ・昆虫等の防除⑥ ねずみ・昆虫等の防除⑦ ねずみ・昆虫等の防除⑧ ねずみ・昆虫等の防除⑨
ねずみの生態 < クマネズミ < ドブネズミ < ハツカネズミ < ネズミの防除法 < 環境対策 < 殺そ剤 < 抗凝血性殺そ剤 < 急性毒剤 < ラットサイン < 忌避剤(キヒザイ) < 殺そ剤の剤型
例題

ねずみの生態と防除

ねずみの生態

建築物内に生息するねずみは、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミである。

大きさは、 になり、
ドブネズミ > クマネズミ > ハツカネズミ
の順になる。

これ覚えましょう。

クマネズミ

  1. 都心の大型ビルではクマネズミが優占種である。
  2. クマネズミは運動能力に優れパイプ、電線を伝わったり垂直行動が得意でいたるところから侵入する。
  3. 天井、梁など建物の比較的高層部分まで生息する。
  4. クマネズミは動物性の餌も食べるが植食性が強い。
  5. 大きさは、頭胴長が、成獣で15~23cmで、尾長は体長よりも長く、頭胴長の約1.1倍程度で、体重は、大体100g~200gである。形態的な特徴は、耳が大きく、折り返すと目を覆う ほどで、尾の長さは体長よりも長い。
  6. 毛色は背面が黒褐色で、腹面はやや黄褐色のものが多い。
  7. クマネズミは警戒心が強く、毒餌をなかなか食べず、防除が困難である。
  8. クマネズミは、天井裏、壁の中、カウンタ内部、空気調和機の内外、戸棚や引出しの内部、ソファ内部、ちゅう房の機器内部等、多彩に巣を作る。

ドブネズミ

  1. ドブネズミは比較的平面的な活動をするので地下や厨房、低層階に多い。
  2. ビルの周囲の植栽の土壌などに穴を掘って生息する。
  3. ドブネズミの食性は雑食性であるが、動物蛋白を好む。
  4. ドブネズミの大きさは、頭胴長が成獣で22~26cmで尾長は体長よりもやや短い(体長の0.7~0.9倍)、体重は最大のもので500gを超す。(成獣でおよそ200g~500g程度)
  5. 特徴は耳が小さく肉厚で、倒しても目まで届かないことと尾の長さが体長よりも短い
  6. ドブネズミは泳ぎが得意。排水溝が最も重要な侵入場所である。水洗便所からも侵入する。
  7. 毛色は、基本的に背面が褐色、腹面が色白であるが、全身黒色等に変化したものも多い。
  8. 獰猛であるが警戒心が弱く、防除は比較的やりやすい。
  9. ドブネズミは床に巣を作ることが多い。

ハツカネズミ

  1. 農村で優占種であるハツカネズミの生息地は畑地とその周辺地域であるが、ビル内にも生息する。ビルでは局所的な分布で、生息数はドブネズミやクマネズミより少ない。行動範囲も小さい。
  2. 種子食性である
  3. 最も小型のネズミで、頭胴長が成獣で6~9cm、尾長は体長よりやや短い程度(体長の0.9~1.0倍)、体重は成獣で約10g~20gである。
  4. 特徴は、耳が大きくハツカネズミ特有の臭いがする。
  5. 水気のない環境下でも長時間生息する。
  6. 好奇心旺盛でトラップにかかりやすいが、殺鼠剤にはもともと強い


クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの特徴はしっかり覚える。

クマネズミは運動能力に優れパイプ、電線を伝わったり垂直行動が得意でいたるところから侵入する。
クマネズミは動物性の餌も食べるが植食性が強い。
ドブネズミは獰猛であるが警戒心が弱く、防除は比較的やりやすい。
ドブネズミの食性は雑食性であるが、動物蛋白を好む。
ドブネズミは泳ぎが得意。


上記覚えること。


ネズミの特徴まとめ

写真で大まかな特徴をまとめてみました。

ねずみの写真

写真クリックで拡大できます。

ネズミの防除法

環境対策

ネズミの防除は、環境対策すなわち、餌を絶つ、通路を遮断する、巣を作らせないを基本に進める。

環境対策を怠って薬剤に頼る防除は効果が上がらない。

殺そ剤

  1. 殺そ剤はすべて食毒で、抗凝血性殺そ剤、急性毒剤に大別される。
    一般に毒餌中の含有量をあまり高めると喫食性が悪くなり、含有量が少ないと喫食性はよくなるが効果が落ちる。
  2. 殺そ剤は食毒であるから、他に餌となるものがあると効果が低下する。
    また、毒餌の基材となる食品の選択が重要である。ドブネズミはそれほど選択性はないが、クマネズミ、ハツカネズミは餌に対する好みが非常に 強いので餌の選択を誤ると喫食されない。
  3. 薬剤の濃度は低すぎると喫食性はよくなるが効果が上がらず、高すぎると喫食性が悪くなる。
  4. クマリン系殺そ剤は1週間以上、急性殺そ剤で2日~3日間配置する。
  5. 人の活動の多いところでは、クマリン系殺そ剤を用いる。連続して誤食されない限り安心して用いることができる。
  6. クマネズミは殺そ剤に対して警戒心が強く喫食が悪い。

抗凝血性殺そ剤

  1. クマリン殺そ剤と総称され、通常連日(3~7日)少量を摂取されることが必要で、これによって血液が凝固する時間が 次第に延長し、やがて出血死する。
  2. 1日おきなど摂取に中断が起きると効果は著しく低下する。
  3. 人畜に対しては、連日誤食される可能性が低いので安全性の面から汎用される。
  4. ワルファリン、フマリン、クマテトラリルなどがある。

急性毒剤

1回の摂取でネズミを致死させる。高密度の生息数を急激に減少させる時に用いる。

  1. ノルボルマイドはドブネズミに著効を示す。
  2. リン化亜鉛、硫酸タリウム、黄リン、アンツーなどもこのタイプである。
  3. ネズミが慣れて喫食するまで数日間放置する必要がある。
  4. シリロシドはハツカネズミに効果が大きいが激しい中毒症状がある。

ラットサイン

ネズミは活動に当たって様々な証拠を残す。(糞、臭い、毛、足跡、かじり跡、尿等)
このような証拠をラットサインという。

これらの証拠からネズミの種類、行動範囲を判断することができる。

このことを証跡調査法という。


ラットサインは覚えましょう。

忌避剤(キヒザイ)

ネズミを近づけないことを目的で使用する薬剤で、ネズミを追い出す効果はない。

忌避剤にはシクロヘキシイミド、カブサイシンなどがある。

殺そ剤の剤型

粉剤、固形剤、液剤がある。


サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る