ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

給水及び排水の管理17

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度 法令集

給水及び排水の管理⑨-2

雨水利用設備 < 雨水の集水面と集水量 < 最も適用例が多い雨水処理方法のフロ― < 雨水貯留槽 < 上水代替率 < 雨水利用率
例題

雨水利用設備

雨水の集水面と集水量

雨水の集水面は、建物の屋根、敷地全体などが考えられる。
建物の屋根面は、降雨水の回収率が良く、回収した雨水の汚染度が低いため、水処理が簡単なもので済むので、処理コストを安くすることができる。

敷地全体では、集水面が大きく、回収水量は大きくできるが、敷地や車路の砂による濁りや水に溶けた物質・油などが混入するため、高度な処理が必要になる。
従って一般的には屋根面を集水面としている。

集水量は、単位時間あたりの降水量(降雨強度)と集水面積に関係する。

最も適用例が多い雨水処理方法のフロ―

最も適用例が多い雨水処理方法のフロ―

雨水貯留槽

雨水貯留槽の容量は、年間の降雨量、集水面積、使用水量を基に、、雨水利用率や、上水代替率を検討して決める。

貯留槽の容量は、大きいほど回収率は増すが、雨水貯留槽の造築コストの面や長期貯留による有機物の腐敗による水質劣化から、一般的には再利用水に1日使用量の 10~20日分、または集水面積の10分の1~20分の1に相当する容量を確保することが多い。

上水代替率

雨水利用量を雨水利用対象用途の全使用水量で除した値をいいます。

上水代替率[%]=雨水利用率量 ÷ 使用水量 x 100

使用水量=雨水利用量 + 上水補給水量

雨水利用率

雨水利用量を雨水集水量で除した値をいいます。

雨水利用率[%]=雨水利用量 ÷ 雨水集水量 x 100

雨水集水量とは集水面積に降水量および流出係数を乗じた集水量をいいます。

買い物は楽天市場

サブメニュ―

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコ―ド

QRコ―ド

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマ―トフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコ―ドから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマ―トフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座

冷凍機


資料請求

SATの通信講座

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サ―チ

Sponsored link

買い物は楽天市場

ペ―ジのトップへ戻る