ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

給水及び排水の管理15

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度

給水及び排水の管理⑮

給水及び排水の管理① 給水及び排水の管理② 給水及び排水の管理③ 給水及び排水の管理④ 給水及び排水の管理⑤ 給水及び排水の管理⑥ 給水及び排水の管理⑦ 給水及び排水の管理⑧ 給水及び排水の管理⑨ 給水及び排水の管理⑩ 給水及び排水の管理⑪ 給水及び排水の管理⑫ 給水及び排水の管理⑬ 給水及び排水の管理⑭ 給水及び排水の管理⑮ 給水及び排水の管理⑯

計算問題

平成30年度 問題138

含水率98%の汚泥5m3と、含水率96%の汚泥15m3を混合したときの含水率として、最も近い値は次のうちどれか。

解答

まず、含水率(がんすいりつ)とは物質に含まれる水分の割合を示したものです。

この問題は 汚泥5m3のうち98%が水分で0.2%が汚泥
汚泥15m3のうち96%が水分で0.4%が汚泥
になりその混合の含水率を求めることになります。

汚泥5m3内の汚泥の量は
5 x 0.2 = 1.0m3

汚泥15m3内の汚泥の量は
15 x 0.4 = 6.0m3

になります。

つまり全体の汚泥の量は
1.0m3 + 6.0m3=7.0m3
で残りが水分の量になります。

もともとの量が
汚泥5m3 + 汚泥15m3 =20m3
なので
0.7 ÷ 20 = 0.035 = 3.5%
が汚泥の量になり
残りが水分量になります。
従って含水率は
100-3.5=96.5になります。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る