ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

給水及び排水の管理13

印刷

目次

建築物衛生行政概論 建築物の環境衛生 空気環境の調整
建築物の構造概論 給水及び排水の管理 清掃 ねずみ・昆虫等の防除 
単位集 水質検査項目及び特定建築物の水質検査頻度

給水及び排水の管理⑬

給水及び排水の管理① 給水及び排水の管理② 給水及び排水の管理③ 給水及び排水の管理④ 給水及び排水の管理⑤ 給水及び排水の管理⑥ 給水及び排水の管理⑦ 給水及び排水の管理⑧ 給水及び排水の管理⑨ 給水及び排水の管理⑩ 給水及び排水の管理⑪ 給水及び排水の管理⑫ 給水及び排水の管理⑬ 給水及び排水の管理⑭ 給水及び排水の管理⑮ 給水及び排水の管理⑯
都市ガスとLPガスの性質の違い < 都市ガス < ガバナ(整圧器) < LPガス < 安全装置 < マイコンメータ < ヒューズガス栓 < 引き込み管ガス遮断装置 < 緊急ガス遮断装置

ガス設備

主にガスは都市ガスと液化石油ガス(LPガス)に分類される。

適用される法規

都市ガスとLPガスの性質の違い

代表的な都市ガス(天然ガス13A)とLPガス(プロパン)について記載します。

項目都市ガス(天然ガス13A)LPガス(プロパン)
総発熱量
[MJ/m3(N)]
46.1102
理論空気量
[m3(N)/m3(N)]
10.9523.8
比重(空気1.0)0.6551.55
燃焼範囲[%]約4~14約2.1~9.5
供給圧力[kPa]1.0~2.02.2~3.3

というわけなんだけど、必ず覚えなければいけないのが比重は都市ガス(13A)は0.655でLPガス(プロパン)は1.55です。
つまり空気が1.0なので都市ガス(13A)は空気よりも軽くLPガスは空気よりも重たいということ。
この問題も出題頻度が高いので必ずゲットしたい問題です。
つまり
ガスが漏れた場合は都市ガスは天井付近にLPガスは床付近に滞留することになる。

都市ガス

都市ガスはガス圧により高圧ガス、中圧ガス、低圧ガスに区分される。

ガバナ(整圧器)

圧力変動や使用量の変動に対し需要家への供給圧力を一定に保つ減圧装置

LPガス

LPガスはガス容器(ガスボンベ)に充填され使用者に供給される。LPガス容器は一般的に鋼板製のものが多く、容器は高圧ガス保安法に基づく検査合格刻印がされたものでなければならない。
ボンベは常時は40℃以下を保てる場所に設置すること。

安全装置

安全装置とは緊急時のガス漏れ等を未然に防ぐ装置のことであり、重要な役割を働いています。

マイコンメータ

ガスメータ内に、マイコン、遮断弁、感震器を内蔵しており、常時ガスの使用状態を監視し、地震発生時約250gal以上、震度5強以上、ガス漏えい、器具消し忘れ等の異常を感知し、自動的にガスを遮断する安全機能を持ったガスメータである。


震度5以上は覚えること。
250galとあるがgalとは地震の揺れの強さを表すのに用いる加速度の単位のことです。

ヒューズガス栓

ガスコード等が万一はずれたりして過大なガスが漏れると、ガス栓内部のボールが浮き上がり、自動的にガスの流れを停止させるガス栓である。

引き込み管ガス遮断装置

建築物のガス引き込み管に設置され、緊急時の地上からの操作によりガス供給を遮断する。配管口径が大きいビル、集合住宅等に設置される。

緊急ガス遮断装置

緊急時に、遠隔操作または自動的にガスを遮断する装置であり、大規模な地下街、超高層建築物、中圧ガス設備のある建築物等に設置義務が付けられている。


サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る