ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

給水と排水の管理3

印刷

クロスコネクション

クロスコネクションとは ■■■の配管とほかの ■■■を機器や配管で接続することである。(飲料水の ■■■危険性があるので絶対やってはいけない)

■■■を介していてもクロスコネクションになる
逆サイホン作用

水受け容器中に吐き出された水、使用された水、またはその他の液体が給水管内に生じた負圧による吸引作用のため、給水管内に ■■■することをいう。
逆サイホン作用の防止には吐出口空間の確保とバキュームブレーカーの設置がある。
給水管内が負圧になると ■■■から空気が流れ込み ■■■を解除するため


バキュームブレーカ

■■■式と ■■■式がある。


ウォーターハンマー

液体が充満して流れている管路において、弁等を急激に ■■■すると弁前後に急激な ■■■が起こり、この ■■■の波が閉じた点と上流側 との間を往復して、次第に減少していく現象のこと。配管等の損傷の原因になる。

ウォーターハンマーは、水がほとんど ■■■であるから起こる(空気のように圧縮性であれば起こらない)
ウォーターハンマー防止対策
貯水槽の保守・清掃

貯水槽の清掃 貯水槽等飲料水に関する設備の点検及び補修等

給湯・給湯方式

給湯方式

給湯方式には ■■■給湯方式と ■■■給湯方式がある。


中央式給湯方式

機械室など一定の場所に ■■■を設け、貯湯槽を経て給湯管により各所へ湯を供給する方式。
■■■式と ■■■式がある。おもにホテル、病院、大規模な多量の湯が必要な場所で採用されている。


直接加熱式

■■■ ■■■によって直接水を加熱する装置からの湯を使用する方式。
電気温水器、電気湯沸し器、真空式・無圧式温水発生器、貫流ボイラ等


間接加熱式

■■■ ■■■を熱源とし、加熱コイル等によって給湯用の水を加熱する方式。


中央式給湯の特徴
局所式給湯方式

湯を使用する場所またはその近くに ■■■を置いて、個別に湯を出す方式。


給湯設備の検査

第一種圧力容器、小型ボイラ以外のボイラは

小型圧力容器、第二種圧力容器、小型ボイラは
貯湯槽の保守管理
貯湯槽の電気防食

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る