ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

建築物の構造概論3

印刷


免震構造・制震構造・耐震補強

免震構造

免震構造とは、地震力による揺れを建築物の ■■■、建築物の基礎部等に免震装置を設置して、構造体の ■■■構造。


制震構造

制震構造とは、建築物の ■■■して、低減しようとするシステムの構造である。


耐震補強

耐震補強には ■■■を高める方法と、 ■■■を高める方法に分かれる。

筋かいは、骨組の壁面の ■■■に入れる斜材、構面の変形を防ぎ、鋼性を高めるとともに ■■■力や ■■■力に抵抗する

水平ブレースは、床面や屋根面のような ■■■に入れる斜材、構面の変形を防ぎ、鋼性を高めるとともに地震力や風圧力に抵抗する。

建築材料

建築材料は大きく分けて ■■■ ■■■に分けられる。


構造材料(木材)

木材の長所

木材の短所


構造材料(コンクリート)

コンクリートの長所

コンクリートの短所


コンクリートの原料

■■■ ■■■ ■■■ ■■■


モルタル

■■■ ■■■ ■■■を練り混ぜたもの


コンクリートの中性化

コンクリートはアルカリ性であるが空気中の ■■■の影響で次第に中性化していく。
コンクリート劣化の大きな原因の 一つになっています。


コンクリートのクレープ現象

コンクリートに ■■■ ■■■が作用するとコンクリートが歪む。この現象のこと


コンクリートのクレープ現象

金属材料



銅の特徴は、 ■■■に富み、 ■■■しやすいことである。空気中の ■■■によって生ずる緑青が ■■■となる等である。


その他

鋼板にすずめっきしたものを ■■■、亜鉛めっきしたものを ■■■と呼ぶ。


その他の建築材料

ガラスの主原料は ■■■で、主成分は ■■■(SO2)である。
板ガラスは ■■■であるが、部分的に加熱されると破壊しやすく、また ■■■℃内外で軟化してしまうので、火の侵入は防げない。


エレベータ、エスカレータ設備

現在のエレベータは ■■■ ■■■に分かれる。


ロープ式

ロープ式エレベータは走行機の速度制御が広範囲にわたって可能なため、 ■■■層、 ■■■建築物で多用されている。


油圧式

油圧式エレベータは、低速エレベータが適当な共同住宅、あるいは大規模な事務所建築物の1階と地下駐車場を連絡する箇所等、比較的 ■■■の短い場所に使用される。


非常用エレベーター
エスカレータ設備

エスカレータの種類は踏段幅から、 ■■■mm程度の幅狭形(S600型)と、 ■■■mm程度の幅広型(S1000型)に大別される。

8°< 勾配 <= 30°の場合は ■■■m/分以下
30°< 勾配 <= 35°の場合は ■■■m/分以下

防火設備


建築物の火災性状

火災の三要素

火災の成長は 火災は出火・初期火災・ ■■■・火盛り期と成長する。


フラッシュオーバー

着火物の ■■■により生じ、天井付近に溜まった ■■■が、空気と混合して ■■■に入った時、一時的に ■■■して大きな炎となり、室全体に炎が回る状態になる現象

消防用設備の分類


消火活動上必要な施設
熱感知器
煙感知器

煙感知器は、熱感知器に比べて ■■■に起きやすいくん焼状態で作動するもので火災の ■■■に適している


炎感知器

炎感知器は火災の炎の ■■■や熱線(赤外線)の ■■■が一定以上になると作動。
炎感知器は、 ■■■ ■■■等の高天井の場所に適している。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る