ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

空気環境の調整1

印刷

熱の伝わり方

熱は通常は高いほうから低いほうへ移動する。これを ■■■という。

伝熱には ■■■ ■■■ ■■■に分けられる。
■■■

個体中で、温度差により熱が伝わってゆく場合の熱の伝わりやすさを ■■■という。

一般に密度の大きい材料ほど熱伝導率が ■■■、同一材料でも温度が ■■■ほど、また内部に湿気がを多く含むほど熱伝導率は ■■■傾向がある。
結露の原理

室内において ■■■の空間的分布は比較的 ■■■

絶対湿度に差がなくとも、温度の低い場所では湿り空気は冷却されて ■■■は上昇し、露点温度に達するとその中の水蒸気は飽和 して ■■■を始める。 物体の表面に結露を生じさせないためには、物体の表面温度をそれに接する空気の ■■■より高く保つ必要がある。
結露対策

結露対策は ■■■ ■■■について分かれます。


表面結露

壁体表面が ■■■以下になると結露します。これが表面結露です。


表面結露対策
湿気伝導率とは

■■■の湿気の通りやすさ


内部結露対策

壁面の水蒸気圧の ■■■室内側に ■■■を設けることが有効である。


換気

主に以下の2つに分けられる。

であるが細かく分けると以下になります。


換気回数と必要換気量

必要換気量は通常は、人体から発生する ■■■を基準として必要換気量を求めることが多い。

良好な室内空気環境を維持するためには、1人当たり1時間につきおおむね ■■■以上の換気量を確保することが必要であるが室内の二酸化炭素濃度が ■■■ppm以下であれば必要換気量を確保されていると見なすことができる。
自然換気

換気扇などの動力を伴わない自然換気では、 ■■■ ■■■に起因する浮力によって換気が行われる。


機械換気

機械換気は ■■■ ■■■ ■■■に分けられます。その使用目的に合わせて換気することができます。


第一種機械換気
第二種機械換気
第三種機械換気

■■■

■■■とは一般事務所や会議室で採用されている方式(清浄空気+室内汚染空気)


整流方式

整流方式とは、清浄空気をピストンのように、一方向の流れとなるように室内に供給し、室内汚染物質を拡散させることなく、そのまま ■■■方式で、 半導体のクリーンルーム等で採用されている。その一つに ■■■がある。


置換換気方式

置換換気方式では、室温よりやや ■■■ ■■■を床面下部より供給し、室上部から排出する。


半減期

汚染物質等の ■■■になることに要する時間を半減期という。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る