ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ

建築物の環境衛生1

印刷

人体の機能
環境の構成要因
体温

温度の高い順から

■■■ >  ■■■ >  ■■■ >  ■■■

常温で安静時の人体からの放熱量
冷房障害
冷房病対策
低湿度の影響
高湿度の影響
基礎代謝量
放熱

放熱は ■■■によって行われる。
気温が35℃以上なると有効な放熱経路は ■■■のみになる。
水分1gが蒸発すると0.585kcalの ■■■から奪われる。
常温安静時の人体からの放熱量は
伝導・対流が30%、放射が45%で蒸発が ■■■%で一番少ない。


快適温度

多くの実験から平均皮膚温と温冷感申告には、皮膚温が低いと寒い、皮膚温が高いと暑いと感じる ■■■が見られることが多い。 平均皮膚温は通常は ■■■℃程度で ■■■℃を超えると暑さを感じ、 ■■■℃を下回ると寒さによる不快感を感じる。


快適性に影響する因子

環境因子

人間側の因子


発汗

■■■をかくことを発汗という。

汗腺には実際に汗を出す ■■■と汗を出さない ■■■がある。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る