ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

計算問題こそサービス問題。

計算問題は捨てます。

との意見も多くありますが
計算問題こそサービス問題で毎年似たような問題の出題がほとんどです。
建築物の環境衛生の水溶液の問題でもほぼ3パターンの問題の出題ですので、その3パターンの問題の解き方を覚えておけば ほぼ対応できるレベルの問題です。
あとは、数字が書き換えられているだけですので、必ず解けるようにしてください。

計算問題を捨てたばかりに不合格になられた方もいますので、頑張ってください。

例えば以下の問題もそうです。


平成24年 問題85

1台78dB(A)の騒音を発する機械を、測定点から等距離に6台同時に稼動させた場合の騒音レベルとして、最も近いものは次のうちどれか。ただし、log102=0.3010、log103=0.4771とする。

  1. 81dB(A)
  2. 86dB(A)
  3. 96dB(A)
  4. 243dB(A)
  5. 468dB(A)

いきなり対数が出てきた問題です。
これは、苦手だな!難しいそうと思われると思います。
しかしこの問題対数計算は一切使いません。

以下のことだけ覚えておけばよいのです。

つまり、この問題は1台78dB(A)の騒音を6台同時に稼働させた場合の騒音レベルなので
6台同時の場合は+8dBすることで答えが導きだされるのです。

78 + 8=86dBになります。
つまり答えは(2)です。 ビル管理士試験ではこのように特別難しい計算は一切ありません。

因みに上記問題を対数計算で計算すると

ここを参照

を見てください。

サブメニュー

運営サイト

当サイトが運営しているサイトです。

QRコード

QRコード

当サイトの過去問題及び模擬試験はipad、各種スマートフォンでも問題を解くことが出来ます。
通勤途中などを利用して問題が解けます。

上のQRコードから読み込みができます。

読み込みができない場合は直接下記アドレスからアクセスしてください。
http://takeharu.lolipop.jp/

通信講座ならSAT

SATの通信講座


PC、ipad、各種スマートフォンなどで学習が可能

ビル管理士試験への最も有効な勉強方法です。
通勤時間などを有効活用できます。

電験三種講座

電気工事士講座

消防設備士講座

冷凍機


資料請求

資料請求した人全員に

を進呈中!
尚今資料請求した人全員に
令和元年度過去問DVDをプレゼント中!

SATの通信講座

講習情報

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

ビル管理士試験模範解答集

ビル管理士講習テキスト

建築物の環境衛生管理

通称青本と呼ばれているテキストを紹介いたします。

ここをクリック!

その他の資格

Amazon サーチ

Sponsored link

ページのトップへ戻る