ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

メモにお使いください。

音圧の問題

空気環境の調整16

音圧の問題

少し惑わされやすい問題に音圧レベルの問題があります。
ここで解説をいたします。


平成24年 問題85

1台78dB(A)の騒音を発する機械を、測定点から等距離に6台同時に稼動させた場合の騒音レベルとして、最も近いものは次のうちどれか。ただし、log102=0.3010、log103=0.4771とする。


この問題のポイントは2つあります。 つまり、この計算はlog102=0.3010、log103=0.4771とする。と惑わしい書き方をされているので、混乱すると思います。
上記ことを利用すれば簡単に求められます。

つまり

騒音レベル

になるのです。
以下のような計算でも求められます。

X台運転したときの騒音レベルは、

+10log10で求めることが出来ます。

つまり平成24年 問題85の場合だと、

6台同時に運転した場合なので +10log106になります。
+10log10(2 x 3)
=10(log102 + log103)になります。
上記問題より
log102=0.3010、log103=0.4771
であるから
10(0.3010+0.4771)
=10 x 0.7781
=7.7781
になります。
つまり6台運転した場合の騒音レベルは+7.7781dB になり、
1台78dB(A)の騒音を発する機械を6台同時に稼動させた場合の騒音レベルは
78 + 7.7781 = 85.781dB
86dB
になります。
平成27年 問題86
騒音レベル83dBと92dBの騒音を合成した場合の騒音レベルとして、最も近いものは次のうちどれか。
ただし、log102=0.3010、log103=0.4771とする。
まず、92dBの方を考えてみます。
同じ騒音レベルの機械を2台使用した場合は+3dBになる。

を逆に考えると

騒音レベル

になり、92dBは83dBを8台同時に稼働した場合と同じ騒音レベルになります。
つまり、平成27年 問題86は
1台83dB(A)の騒音を発する機械を、9台同時に稼動させた場合の騒音レベルを求めることが出来る。と同じことになります。

同じ騒音レベルの機械を8台使用した場合は+9dBになる。
同じ騒音レベルの機械を10台使用した場合は+10dBになる。
つまり、9台の騒音レベルは+9dBと+10dBの間になる事から
83dB + 9dB = 92dB
83dB + 10dB = 93dB
になり、答えは92~93dB内になることが分かる。
答えは(4)92.5になります。


因みに 1台83dB(A)の騒音を発する機械を、9台同時に稼動させた場合の騒音レベルは

X台運転したときの騒音レベルは、

+10log10の公式より

*10log109
になり
+10log10(3 x 3)
=10(log103 + log103)になります。
問題文より
log103=0.4771ということなので
10 x (0.4771 + 0.4771) = 10 x 0.9542 = 9.542
になります。
従って答えは
83 + 9.542 = 92.542dB
正確に計算するとこのようになります。

ここでのポイントは、

ペ―ジのトップへ戻る