ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

メモにお使いください。

建築物の環境衛生9

消毒法

消毒とは

身体外において病原微生物を殺滅するか、その発育能力を失わせるか、あるいは人に疾病を起こさない程度に 生存数を減少させることによって、感染の機会を取り除くことである。
この場合の病原性のない他の微生物の残存については考慮しない。

病原性の有無を問わずすべての微生物を減滅または除去することを滅菌という。

消毒の方法

  1. 焼却
  2. 薬物
  3. 煮沸
  4. 蒸気
  5. 煮沸消毒は、100℃の沸騰湯中に30分つける。
    蒸気消毒は、100℃以上の蒸気中に1時間以上さらす。

消毒剤

薬品名用途効果備考
クレゾ―ル「3%」ほとんどの物件(飲食物、食器には不適)芽胞、ウイルスには無効手の消毒には1~2%消毒液
次亜塩素酸ナトリウム井戸、水槽、汚水、し尿、その他廃棄物細菌、ウイルスに有効、芽胞には効果が得られにくい有機物が多いと効力は減退
ホルマリン衣服、寝具、ガラス器すべての微生物に有効皮膚、粘膜を強く刺激するので手指の消毒に不適
逆性石鹸手指、ガラス器、金属器具結核菌、ウイルスには無効有機物が多い場合は不適
消毒用エタノ―ル手指、皮膚、医療器具芽胞、一部のウイルスには無効ホルマリンの存在は殺菌力を減少させる。
70%が至適濃度
酸化エチレン
(エチレンオキサイド)
ガス減菌

ここでのポイント

水銀とカドミウムの問題

試験ではよく水銀とカドミウムの問題も出題されますが、良く間違いやすいのでここで今まで出題された問題を掲載いたします。
これは、覚えましょう。

水銀

カドミウム

特に水俣病は水銀、イタイイタイ病はカドミウムは覚えましょう。
ペ―ジのトップへ戻る