ビル管理士総合情報.com

当サイトはビル管理士及びビル管理士試験の資格の取得を
目指す方及びこの仕事に従事する方の役立つ情報を提供します。

お問い合わせ  掲示板

メモにお使いください。

建築物の環境衛生1

人体の機能

臓器名主な機能主な構成器官疾患
循環器系酸素と栄養の供給心臓、動脈
静脈、リンパ管
心筋梗塞
呼吸器系酸素の摂取と
二酸化炭素の排出
気道、肺肺気腫、肺炎、気管支炎
消化器系栄養と水の摂取、再合成と排泄食道。肝臓、胃
十二指腸、肛門
小腸、大腸等
肝炎、腸炎
胃炎、胃潰瘍
腎臓、泌尿器系血液中の老廃物の排泄腎臓、尿管
膀胱、尿道
腎不全
感覚器系外部刺激の神経系への伝達
感覚器系は神経系と密接な関係を持っている。
聴覚器、視覚器
味覚器、嗅覚
左記器官の疾患
筋骨格系身体の構成と運動骨、筋肉骨折
生殖器系子孫形成と種の保存生殖器生殖器疾患
皮膚系発汗外皮皮膚疾患
神経系刺激の中枢への伝達、
中枢からの命令の伝達
脳、知覚神経
運動神経、自律神経
パ―キンソン病
脳出血、脳梗塞
造血器系赤血球、白血球、血小板の生成骨髄、脾臓血友病、白血病
内分泌系成長、代謝等の活性のコントロ―ル視床下部、下垂体
副腎、甲状腺、性腺
甲状腺疾患

よく出題されやすい項目をまとめました。
赤字は覚えましょう。

環境の構成要因

体温、産熱、放熱に関すること

体温
人の体温は平均して36℃~37℃程度で維持されている。1日のうちで早朝は低く夕方は高い。

気温が23℃のとき

ポイント・・・・つまり温度の高い順から
直腸温 > 顔 > 手 > 足
となり、この問題も毎年よく出題されているので暗記しておこう。

他は核心温で外気温の影響を受けにくく、その中でも直腸温が最も受けにくい。

気温と人体温度の関係

気温と人体の温度の関係

この問題は必ず答えたい問題です。

上記事柄が解ればこの問題も簡単にこたえられると思います。

温度の高い順から
直腸温 > 顔 > 手 > 足
になります。

体温調節
寒さに対する体の反応は、皮膚の血管が収縮して血液を減らし、皮膚の温度をさげる。
これにより周囲の気温との差を小さくして、体の放熱を減らしている。暑いときは逆に放熱を促す。

常温で安静時の人体からの放熱量は

冷房障害

主な冷房病対策は下記で説明しています。

冷房病対策

冷房病は足や体が冷える症状で、男性より女性に多くみられる。
冷房病対策として以下が揚げられる。 上記すべて丸暗記すること。

低湿度・高湿度の影響


ペ―ジのトップへ戻る